笏谷石の床施工中❕

お客様、そして弊社を支えてくださる職人の皆様、いつもありがとうございます。

只今、新社屋を新築中でございます。

社屋に関しては、とても難しい依頼をお受け下さってありがとうございます。

只今、社屋玄関ポーチの床を施工しております。

 

ポーチの床は、私がこの業界に入って一番好きな石材を使用しております。

その石材の名前は、笏谷石です。聞いたことある方はあると思いますが、私はこの石が大好きでございます。

なぜかといいますと、色は薄いグリーンで、雨にぬれるとエメラルドグリーンを思わせるような、

言葉では言い表せないような神秘的な色合いです。

一言でいうと、色が鮮やかで、安山岩の割には粒子が細かく、硬いです。

福井県産の石です。

その石を使って今工事をしております。

昔、ここ福井県で採掘された石には、多くの安山岩が採掘されましたが、そのほとんどが、粒子が荒く、耐候性に弱いものがほとんどです。

この笏谷石は、福井の足羽山の下で採掘され、北海道まで北前船で運ばれて使用されていた石でもあります。

北海道で使用されていたということは、非常に雪にも強く、耐候性に大変優れていることが分かります。

今は鉄筋コンクリートで基礎を作っていますが、昔は基礎を笏谷石で作っていたぐらいです。

笏谷石は、現在は採掘は出来ませんが、私が建築業界に入った時にはまだ採掘しておりました。

いまから25年前には採掘していた石材です。

なぜ今採掘されていない材料を使用しているかといいますと、あまりにも好きすぎて、

既存の建物の基礎や擁壁を解体するときに、笏谷石を分けていただいて、少しずつ集めて古い材料を新たに加工して使用しているからです。

弊社の物件で、お客様にお願いして使用させて頂きました。

とても神秘的な色を、本当に皆様にぜひ見て欲しいです。

お時間ある方は是非是非来てください。

田邉 恭洋

関連記事

最近の記事

  1. 2018.11.5

PAGE TOP