省エネ住宅ポイント制度 Part2

どうも‼タナベ住建の嶋崎です!

 

 

さてさて、前回に引き続きの「省エネ住宅ポイント制度」についての

概要をお伝えいたします。

 

 

と言っても、お客様が細かく覚える必要はないですよ~。

 

「あ、こんな制度あったな?」ぐらいでいいと思います。

 

 

あとは住宅業者側に「この制度って使えるの?」って確認して

いただければ対応してくれると思います。

 

 

では、簡単な概要をお知らせいたしますね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【対象期間】

2014年12月27日以降の「契約」

※ただし、着工が契約締結日~2016年3月31日までのもの
【対象住宅】
新築、リフォーム、完成済新築住宅の購入
【対象種別】
持ち家、借家(リフォームのみ)
【対象住宅の性能要件-新築】
トップランナー基準相当(木造住宅は等級4)
【対象住宅の性能要件-リフォーム】
①窓の断熱改修
②外壁、屋根・天井、床の断熱改修(部分断熱可)
③設備エコ改修

(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、

節湯水栓の内、3つの改修)
①~③のいずれか1つ以上に該当すれば、以下のA、Bもポイント対象となります。
A:その他の工事等

(バリアフリー改修、エコ住宅設備の設置、リフォーム瑕疵保険への加入、耐震改修)
B:既存住宅購入可加算

 

【ポイント数】

・新築 30万ポイント
・リフォーム 最大30万ポイント(耐震改修を行う場合には最大45万ポイント)
※工事内容に応じ3千~12万ポイント)                              ※(既存住宅購入を伴うリフォームはポイント加算)

 

ちなみに1ポイントは1円で換算できるので、30万ポイントだったら30万円が

国から貰えるのです!

 

 

貰わないと損ですよね。

 

 

ただし、前回もお伝えしたように国の予算も決まっており、

 

福井県であれば4億5千万円となっております。

 

これがなくなれば期間中であっても受け取る事ができなくなる可能性はあります。

 

 

簡単に言えば「早い者勝ち」なのです。

 

なので、今新築やリフォームを考えている方は一度業者に確認取った方がいいですよ!

 

 

ではまた次回、「ポイント獲得の具体例」をご紹介いたしますね!

 

 

 

新築・リフォームの事ならタナベ住建にお任せ!

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 2021.08.13

    木工事
  2. 2021.08.4

    基礎工事
PAGE TOP