福井県 鯖江市の古民家住宅の補強工事始まりました。

皆様、こんにちは!

福井県鯖江市で古民家の住宅の補強工事が始まりました。

この現場はお施主様が、お住まいの中での工事となります。

十二分に注意を払っての工事です。

下の写真は仮設通路です。(手摺付)IMG_5465

床が出来るまではしばらくはお施主様にこの状態で生活していただきます。

なるべく早く完了致しますので、しばし我慢してください(‘◇’)ゞ

ご迷惑をおかけします

 

 

工事は田の字型の座敷部分及び縁側の足回り補強工事です。

まずは、既存床組を解体して地盤をむき出しにし、地盤を締固めました。

 

IMG_5466

その後は、防湿措置として土間シートを敷き、鉄筋を組み立てました。

DSC04532

鉄筋配置後はコンクリートを流し込みました。

DSC04536

コンクリートが固まって強度が規定値以上出た後は、大工さんが入り、柱の傾きや鴨居及び敷居の水平を直していきます。その後に床組をしていきます。

daiku

防湿対策をし、コンクリートを流したので床下はこれで安心です。

木造建築物は床下、外壁、屋根を守れば1000年は持ちますからね。

本当に歴史的建造物はすごいですね。☻

 

関連記事

最近の記事

  1. 2021.02.15

    平屋とは
  2. 2021.01.26

    雪対策の家
PAGE TOP