古民家2階部分にユニットバス設置完了

福井県越前市の古民家2階改修工事状況

 

ゴールデンウィーク前より取り掛かっています古民家の2階にようやくユニットバスが設置されました。

 

設置する前には荷重がかかる部分に梁補強や吊ボルト補強計画を行って、補強を十分に施しました。

 

浴室ですので、材料自体の正積載荷重に加えて水の重みも加わってきますので、入念に計画を行っての工事です。

 

IMG_4481

IMG_4561

 

 

窓には断熱サッシも入り、とても暖かくなります。

また、外周部の断熱材は昔ながらの木舞桟工法で土壁です。

 

DSCN1726

 

 

これらの土壁は断熱性及び湿気などの吸放質性が優れているため、なるべく壊さず残しながらの工事です。

 

IMG_4483

 

 

次は中の天井下地や床張り工事にかかっていきます。

 

こちらの住宅はお施主様が住みながらの工事です。

 

ご迷惑をおかけしますが、どうぞ完成までお付き合いください。

すみません(^^)/

 

関連記事

最近の記事

  1. 2021.02.15

    平屋とは
  2. 2021.01.26

    雪対策の家
PAGE TOP