住宅ローン 給付金など

今回は住宅購入や新築注文の際に使える、給付金についてのご案内です。
給付金って申請が難しいし面倒だと思われる方もおられるかもしれませんね。

ただ、住宅購入は多くの場合1000万円を超える物になり、人生で最大の出費になる方が多いので、給付金については知っておいて損はありません。

夢のマイホームを叶える為にご参考になればと思い、
今回は「すまい給付金」についてご紹介します。

住宅購入を検討している方であれば、ご存じの方もおられると思います。
もう終わってるのでは?とお思いの方もおられるかもしれませんね。

まず最初に、すまい給付金の対象期間が延長され、いまから住宅を建てられる方もまだまだ間に合います!
まだ申請しておられない方は、是非活用してみてください。

すまい給付金

すまい給付金は、消費税率引き上げによる住宅購入時の負担を軽減するための制度です。年収が一定以下の人が要件に合う住宅を購入・入居した際に、最大で50万円の現金を受け取ることができます。

この最大50万円という金額がどれくらいの金額かというと、
住宅購入に3000万円かかった場合、消費税が300万円りますので、住まい給付金が最大50万円受取ることができれば、総額3250万円の出費となります。

消費税が8%の時代であれば消費税で240万で総額3240万円
給付金を受け取ることができればその差額は10万円になります。増税分をかなりまかなえた印象ですね!

詳しい条件面は以下になります。

【対象者】

・自分名義の住宅を購入し、実際に居住する
・収入が一定以下である
 消費税10%の住宅の場合は収入775万円以下(目安)
・住宅ローンを利用して購入する
・住宅ローンを利用しないで購入する場合は50歳以上
・(※1)注文住宅の新築の場合:令和2年10月1日から令和3年9月30日まで 
 分譲住宅・既存住宅取得の場合:令和2年12月1日から令和3年11月30日ま での期間内に契約をされた方は、給付金の対象となる引渡し・入居期限について、令和3年12月31日から令和4年12月31日に延長されています。

例えば
・サラリーマンの夫:収入400万円
・住宅の名義は夫
・専業主婦の妻、中学生以下の子供が2人
・2020年1月に住宅引き渡し、入居(消費税率10%)

この場合は対象者となり、条件に合う住宅を購入して申請すれば給付金を受け取ることができます。
対象者の条件は、購入した人が実際に住んでいて、住宅ローンを利用している方であれば年収の確認だけで自分が当てはまるのか判断できそうですね。


【対象となる住宅】

・消費税率10%が適用された住宅である
・上記期間内(※1)に契約をされた方は、給付金の対象となる住宅の床面積要件について、50㎡以上から40㎡以上に緩和。
・第三者の検査を受け、品質が担保されていることを証明できる


【申請方法について】

申請は、取得した住宅に入居した後に可能となり、
申請期限は、住宅の引渡しを受けてから1年(※2)以内です。
(※2)当面の間、1年3ヶ月に延長されています。

住宅の床面積要件が緩和され、40㎡以上となりました。
坪に直すと約12坪。約24帖ですので、平屋でも問題なく対象に入りますね。

また、第三者からの検査については、施工中などに検査を行う必要があります。そのため、着工前に申し込みが必要になりますので、この点は施工会社の担当者にしっかり確認しましょう。

申請については期限が引き渡し後1年以内となっていますので、給付金を受け取りたいなら忘れないうちに申請しましょう!


【申請に必要な主な書類】

・住民票の写し(引越し後の住所)
・個人住民税の課税証明書
・建物の登記事項証明書・謄本
・住宅の不動産売買契約書または工事請負契約書
・住宅ローンの金銭消費貸借契約書

申請書についてはこちらのサイトをご覧ください。

http://sumai-kyufu.jp/application/about/new.html

直接お問合せをしたい場合は、こちらから福井の担当窓口へご相談ください。

http://sumai-kyufu.jp/application/send/support.html


夢のマイホームを現実にするために、お金の問題はクリアしないとならない大きな壁です。

ですが、皆様の負担軽減の為にも補助金や給付金を利用して、マイホーム取得の応援をさせていただければと思います。

お困りのことがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

最近の記事

  1. 2021.08.13

    木工事
PAGE TOP